安心のお約束で塗装をより良いものへ

外壁塗装&内壁塗装は株式会社壁工房 〒302-0107 茨城県守谷市大木1712-1
ロゴ
取扱いカード
電話
メール
トップへ
2007年4月30日
複層仕上げでの塗り替え例です。
サイトトップ > ブログトップ > 壁の塗り替え > 複層仕上げでの塗り替え例です。

「複層仕上げ」とは下塗り材と上塗り材を別として,異種塗料2層の構成で厳しい自然環境から建物を守る仕上げ方法です。

uOp 006|VOSRO.jpg

①「旧塗膜」一般的なリシン仕上げの塗膜です。
防藻防カビ性が無いため,北側に藻が生じやすいのでご注意下さい。

②「下地調整材」ミラクファンドKC-1000・ローラー仕上げです。
脆弱な下地を強化し、仕上塗材の色むら密着不良、造膜不良を予め防止します。

③「下塗り材」SKクリヤーシーラー
水性のシーラーで屋内外で火気の心配なく安全に使用でき、各種下地、上塗材と良好な密着性を示します。

④「仕上げ塗材」レナラックローラー
下地への密着性、耐久性に優れ、施工が簡単で安定した仕上がりが期待できます。

⑤「上塗り材」プリーズコート(中塗り)
塗り残しを避ける為に、2回目より薄い色のものを使用しています。

⑥プリーズコート(上塗り)
刷毛さばき、塗り継ぎが良好で作業性に優れています。
艶あり以外に3分艶・5分艶があります。
上塗り材は変更できます。

このようにレナラックローラー+プリーズコートの二つの塗材で建物を紫外線や酸性雨などから長期間に亘り保護します。複層仕上げは心強いですね。
ただし、②~⑥それぞれの工程で乾燥時間・塗付量・用法などが守られていることが条件です。

新着情報
メール
ご注文の流れ
施工エリア
よくあるご質問
守谷市の外壁塗装イメージ守谷市の外壁塗装は壁工房へ!
株式会社壁工房
〒302-0107 茨城県守谷市大木1712-1
tel 0297-45-0393
壁工房施工エリア
茨城県
守谷市、つくばみらい市、常総市、取手市、坂東市、つくば市、牛久市
千葉県
我孫子市、柏市、流山市、松戸市、印西市、白井市