安心のお約束で塗装をより良いものへ

外壁塗装&内壁塗装は株式会社壁工房 〒302-0107 茨城県守谷市大木1712-1
ロゴ
取扱いカード
電話
メール
トップへ
2007年2月23日
色の見え方の違い。
サイトトップ > ブログトップ > エレガンスタイルTS > 色の見え方の違い。

■標準タイプの型紙を使用した「エレガンスタイルTS」です。
uOp 007-2007-223.jpg

①目地色は白です。
②目地色はミディアムグレーです。

主材は①、②とも同色ですが、少し見た目の印象が違うと思います。
組合せの色に引きずられて色が変わって見えることがあります。
このような現象は目地が細く、模様の面積が小さい場合に起こりやすいので、頭に入れておくと良いと思います。

例えば、目地色が黒で細かい模様の型紙を使用される場合、主材は色見本帳で見るより、全体で見ると暗く感じると思います。

エレガンスタイルTSは、目地色5色・標準型紙11種類・標準色21色(その他、指定色対応可能)の組み合わせを自由に選定できます。ファッションと同じくらい悩みそうですね。


最後に、エレガンスタイルTSをご愛用されている塗装店の皆様からのコメントもお待ちいたしております。

新着情報
メール
ご注文の流れ
施工エリア
よくあるご質問
守谷市の外壁塗装イメージ守谷市の外壁塗装は壁工房へ!
株式会社壁工房
〒302-0107 茨城県守谷市大木1712-1
tel 0297-45-0393
壁工房施工エリア
茨城県
守谷市、つくばみらい市、常総市、取手市、坂東市、つくば市、牛久市
千葉県
我孫子市、柏市、流山市、松戸市、印西市、白井市