安心のお約束で塗装をより良いものへ

外壁塗装&内壁塗装は株式会社壁工房 〒302-0107 茨城県守谷市大木1712-1
ロゴ
取扱いカード
電話
メール
トップへ
2006年5月18日
塗り替えのタイミング
サイトトップ > ブログトップ > 壁の塗り替え > 塗り替えのタイミング

外壁の劣化はある程度自分でチェックする事ができます。

年月を経ると、外壁は汚れや変色、藻やカビの付着など、見た目が悪くなってきます。これも一つの塗り替えの判断基準です。

もう一つの判断基準は、塗膜をこすると手に白い粉が付着する場合があります。これはチョーキングなどと言われてます。紫外線や酸性雨の影響で塗料に含まれている樹脂が劣化して粉状になっているのです。つまり建物を保護する効果が無くなってきたというサインです。

そのほか部屋の天井裏に雨シミが着いていたら、外壁や屋根から雨漏りがしているのかもしれません。

このような外壁の劣化は、定期的にチェックすることをおすすめします。

塗膜の劣化を見逃してしまうと建物の劣化につながり、修繕費用の増大につながります。

新着情報
メール
ご注文の流れ
施工エリア
よくあるご質問
守谷市の外壁塗装イメージ守谷市の外壁塗装は壁工房へ!
株式会社壁工房
〒302-0107 茨城県守谷市大木1712-1
tel 0297-45-0393
壁工房施工エリア
茨城県
守谷市、つくばみらい市、常総市、取手市、坂東市、つくば市、牛久市
千葉県
我孫子市、柏市、流山市、松戸市、印西市、白井市